読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

名古屋城 愛知県の花見スポット 2016

日本三大名城でもあり、徳川家康が、天下統一の最後の布石として築き、金のしゃちほこでも有名な名古屋城です。



名古屋城には、桜の季節になると全国から花見客が訪れます。
 
城は日本各地に残っていて、城と桜のロケーションは、お花見の人気スポットとしても上位にランクインしています。
 
 
f:id:nishimikawa:20160128151808j:image
 
 
 
名古屋城は桜の人気のスポットですが、今回は名古屋城の桜をより一層楽しめるお花見スポットを紹介します。
 
 
 
名古屋城には、ソメイヨシノやシダレザクラを中心に約10種類、1000本の桜が植えられています。
 
名古屋城内各所でソメイヨシノ等の桜を楽しめます。
 
 
二の丸
 
名古屋城で花見をするならまず抑えたいのが二の丸です。
二の丸は、天守閣と桜を楽しめるスポットで、桜の時期になると様々なイベントが行われています。
 
また名古屋城内に3か所ある隅櫓と桜も人気のスポットです。
 
 
 
天守閣
 
天守閣から見る桜も最高です。
 
特に北方面は桜の木が多く、市街と桜の景色が楽しめます。
 
 
 
 
夜桜
 
 
名古屋城の桜まつり期間中は夜桜ライトアップが行われます。
 
 
●ライトアップの時間/日没~20時
 
夜桜ライトアップの期間中は、天守閣への入場時間も延長されます。
 
 
●期間中の天守閣入場時間/9:00~19:00(19:30終了 20:00閉門)
※入場料金 大人500円、中学生以下無料
 
 
(名古屋城天守閣のライトアップは年間を通じて日没~23:00まで行われています)
 
 
f:id:nishimikawa:20160129033333j:image
 
 
 
 
また、名古屋城では桜まつりと重ねて「名古屋城春の陣」と銘うった春のお祭りも開催されます。
 
 
愛知県名古屋市の、人気の観光スポットでもある名古屋城付近一帯で行われる春の催しが「名古屋城 春の陣」です。
 
桜の見ごろを迎える3月の終わりからゴールデンウィーク期間にかけて、毎年恒例の名古屋城の春の一大イベントとなっています。
 
 
城内では特別展示が行われたり、和太鼓の演奏会や兜の特別試着会など、お子様連れにも楽しい催しがたくさん行われます。
 
 
名古屋城春の陣で、一番の目玉となるのが桜です。
 
名古屋城内一帯の約1,000本もの桜の花が咲く頃には、沢山の花見客が足を運び、名古屋城と桜のコラボレーションを楽しんでいます。
 
またこの名古屋城春の陣の開催期間と同時期には「名城 桜まつり」も開催中で開園時間を延長しており、桜のライトアップも楽しむ事が出来ます。
 
 
「名古屋城 春の陣」期間中は500円の観覧料(中学生以下無料)が必要ですが、ここでお得になっているのが着物を着て来場すると100円引きの400円で入場出来ます。
 
着物姿で名古屋城を散策するのも、普段のお出かけと一味違った楽しみ方が出来ますね(=^^=)
 
 
 
 

名古屋城 春の陣のイベント内容を紹介します。

 
 

春姫道中

 
本丸御殿の完全復元を願う催しで、「名古屋城 春の陣」で毎年恒例となっているお輿入れ行列を再現したイベントです。
 
紀州浅野家から初代尾張藩主・徳川義直公に嫁いだ「春姫さま」を中心に、音楽隊や家来を引き連れて名古屋の中心市街地を練り歩く様はまさに時代絵巻を見ているかのようで、楽しめます。
 
城内の特設ステージでは義直公との婚礼の儀や、踊り隊のパフォーマンスなども見られます。
 
 
 

火縄銃の実演

 
普段めったに見ることができない火縄銃が火を噴くところを「名古屋城 春の陣」のイベントで観賞できます。
 
本格的な甲冑を着込んだ宗春鉄砲隊によって撃たれる火縄銃の音は迫力満点です。
 
戦国の世に思いを馳せる、歴史的な情緒を楽しめます。開催は不定期なので、ぜひ日程を調べて足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
 
 

名古屋城おもてなし武将隊

 
人気を博している名古屋おもてなし武将隊は連日「名古屋城 春の陣」に登場!
 
根強いファンを抱える名古屋おもてなし武将隊は、新メンバーへの交代などもあり、更にパワーアップして名古屋のまちのPRをしている模様。
 
ファンでなくてもその勇姿を見て楽しめるはずです。
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129033252j:image
 
 
 
名古屋城のお花見情報、春まつり情報などは、詳細は名古屋城公式ホームページをご覧下さい。
 
 
 
 
スポンサードリンク