読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

養老渓谷 紅葉の見頃は? 2016 マイナスイオン溢れる紅葉スポット

関東の紅葉の名所と言われるのが、

 

 『養老渓谷』

 

です。

 

 

 

千葉県を流れる養老川が作り出した養老渓谷の紅葉は、樹木の種類が多い事から色とりどりの紅葉を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

また、夜になるとライトアップされ、昼間の色とりどりの紅葉から、幻想的な紅葉に様変わりします。

 

f:id:nishimikawa:20160924103211p:image

 

 

 

 

養老渓谷 紅葉 2016

 

 

養老渓谷の紅葉は関東でも人気の紅葉スポットで、日本の紅葉百選にも選ばれています。

 

 

養老渓谷と呼ばれる養老川沿い一帯の広い範囲で紅葉を楽しめる事ができます。

 

 

人気の紅葉スポットになると駐車場の混雑がありますが、養老渓谷は川沿いの各地に駐車場があります。

 

 

駐車場が多いのも養老渓谷の人気の一因だと思います。

 

 

 

養老渓谷の紅葉の見頃は?

 

 

養老渓谷の紅葉の見頃は、例年だと11月中旬から12月上旬です。

 

 

養老渓谷では、モミジ・カエデ・ウルシ・ハゼ・ナラ・クヌギ等、多数の樹木があるので、他の紅葉スポットより色とりどりの紅葉が楽しめます。

 

 

 

養老渓谷の混雑状況・駐車場は?

 

養老渓谷は、紅葉する範囲が広いことから、養老渓谷沿いに駐車場が幾つか設けられています。

 

その為、駐車場の空き待ちをする時間は、他の紅葉スポットよりは緩和されると思います。

 

 

しかし、養老渓谷も人気の紅葉スポットなので、紅葉の時期になると混雑する事に変わりはありません。

 

 

ライトアップされた紅葉を目的にするなら午前中に、養老渓谷を散策しながら紅葉を楽しむなら早朝に出掛けた方が良いと思います。

 



 

養老渓谷の紅葉の見どころは?

 

 

養老渓谷は、養老川沿いにある地域なので、紅葉の楽しみ方も人それぞれです。

 

 

駐車場に車を停めてノンビリと養老渓谷を散策したり、養老渓谷の名所と言われている場所をピンポイントで楽しんだりする事が出来ます。

 

 

そんな、楽しみ方も多数ある養老渓谷の見どころを紹介したいと思います。

 

 

粟又の滝

 

100mに渡って流れ落ちる緩やかな滝です。

紅葉と滝のコラボが絶景で、養老渓谷でも人気の場所となっています。

 

 

中瀬遊歩道


養老温泉街の中にある、葛藤駐車場近くにある共栄橋付近から養老川沿いにある全長1.2㎞の遊歩道です。

下流の方へ歩くと弘文洞跡があり、紅葉の人気スポットとなっています。

 

 

老川十字路


養老渓谷に行く際に通ると思いますが、赤く紅葉したモミジが綺麗な場所です。

 

 

 

 

17時~21時30分までライトアップされているので、昼の紅葉と夜の艶やかな紅葉を楽しめます。

 

 

 

養老渓谷には、大小多数の滝が点在します。


時間に余裕がある人は、養老渓谷を歩きながら紅葉を楽しみ、各地の滝を見るのも良いと思います。

 

 

養老渓谷の紅葉に癒され、数々の滝からのマイナスイオンで癒されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

養老渓谷のオススメコース

 

 

市原鶴舞I.Cから車で一時間ほど南下して、小沢又に駐車場があるのでここからスタートです。

 

 

15分程歩くと、『幻の滝』が見えてきます。

 

専用の展望台があり、入場料が100円必要ですが、立ち寄る価値はあると思います。

 


さらに、養老川に沿って進んで歩いて行くと大小様々な滝を見る事が出来ます。

 

 

渓谷って聞くと、山道のようなイメージを持たれるかも知れませんが、舗装された広めの道路なので安心してください。

 


40分ほど歩くと、『粟又の滝』に到着します。

 


別名「養老の滝」とも言われる、養老渓谷を象徴する滝です。

 


滝というには傾斜がかなり緩やかで横幅が広くなっています。

 


『幻の滝』も『粟又の滝』も房総半島を代表する滝と言われています。

 

 

スケジュールに余裕を持って、養老渓谷の紅葉狩りを楽しんでください。

 

 

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

スポンサードリンク