読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

愛知県『観光農園 花ひろば』 ひまわりの見頃は?

夏場になると、TwitterやFacebookやInstagramといった各種SNSに、一面に広がるひまわり畑の写真がアップされますね(^^)
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160605073855j:image
 
 
 
夏の花の代表とも言える『向日葵(ひまわり)』が、一面に咲き誇る景観は暑い夏を心地良く感じさせてくれます(=^^=)
 
 
 
今回は、愛知県で人気の『ひまわり畑』を紹介します。
 
 
 
愛知県のひまわり畑を検索すると、多数のひまわり畑が紹介されていますが、ほとんどのサイトで紹介されているのが『観光農園 花ひろば』ですね(^^)
 
 
 
昨年、『観光農園 花ひろば』に行って来たので、感想と駐車場の状況などを書きたいと思います。
 
 
f:id:nishimikawa:20160606073247j:image
 
 
 
観光農園 花ひろば
 
 
愛知県南知多町にある「観光農園 花ひろば」のひまわり畑は、愛知県のひまわり畑でも人気スポットです(^^)
 
 
広大な敷地に、14万本のひまわりが植えられている「観光農園 花ひろば」は、高台からの景色が圧巻です。
 
 
まるで、黄色い絨毯を敷いた様な、一面に広がるひまわりを眺める事が出来ますよ。
 
 
一応、写真撮影用に台が置いてあります。
 
 
並んで、台で撮らなくても全然良いと思います(=^^=)
 
 
ひまわりに囲まれてるから、どこでも良い写真が撮れますよ♪
 
 
 
また、観光農園 花ひろばの人気の理由は、いつ行っても満開のひまわりが見れる事だと思います。
 
 
 
広大な敷地を利用して、ひまわりが満開になるタイミングをズラしているんです(=^^=)
 
 
夏の花として知られる『ひまわり』ですが、冬近くまで楽しめるんですよ(^^)
 
 
ひまわりの見頃が、いつでも見頃って嬉しいですよね(=^^=)
 
 
f:id:nishimikawa:20160606102000j:image
 
 
 
 
観光農園 花ひろばは、ひまわりの他にも季節の花も楽しめます。
 
 
でも、遊具等は無いので子供は飽きちゃうかな?(^^;
 
 
どちらかというと、カップルや大人同士の方が良いかも知れませんね(^^)
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160606214348j:image
 
 
 
 
ナビに住所を設定して行ったのですが、『観光農園 花ひろば』の周囲は畑なので分かりにくいかも知れません(^^;
 
 
 
朝から行ったので渋滞はしてませんでしたが、帰る時には少し渋滞してました。
 
 
駐車場は、花ひろば前と臨時駐車場も用意されていますが、夏場は多少待つと思います。
 
 
でも、悪い意味じゃなく、花しか無いので割と入れ替わりは早いと思いますよ(^^)
 
 
 
『観光農園 花ひろば』に行くなら、車で行くことをオススメします。
 
 
近場には何も無いのですが、車があれば『魚太郎』で海鮮バーベキューを楽しんだり、師崎港で朝市を楽しめます。
 
 
セントレアをブラブラしたり、めんたいパークに行くのも良いかも知れませんね(^^)
 
 
 
 
 
観光農園 花ひろばの公式サイトはコチラ↓↓↓
 
 
 
 
 
住所:愛知県知多郡南知多町大字豊丘字高見台48
 
 
入場料:大人650円(中学生以上)、小学生300円(未就学のお子様は無料)
 
駐車場:無料駐車場(100台)
 
 
車で行く場合は、
名古屋から約60分です。
 
 
知多半島道路「豊丘IC」下車後直進、2つ目の信号「馬道」を右折、直進し、突き当りを右折です。
 
 
電車で行く場合
 
名古屋鉄道「河和」駅下車後、海っこバス「プラスティック工業団地前」下車後、徒歩15分位です。
 
 
 
 
 スポンサードリンク
 
 
 

 

スポンサードリンク