お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

睡蓮の見頃は5月下旬~7月中旬 岐阜県 モネの池

2015年、InstagramやTwitter、各SNSで話題になったのが岐阜県 関市の『美しすぎる池「モネの池」』です。

 
 
f:id:nishimikawa:20160202122923j:image
 
 
岐阜県関市の根道神社の近くにある「名も無き池」が、話題になったのはネットからでしたが、その後テレビ番組でも取り上げられ爆発的な人気スポットとなりました。
 
 
岐阜県 関市の根道神社の隣にある、名も無き池が何故こんなに話題になっているかと言うと、想像を超える透明度です。
 
 
その透明度は、池の底まで鮮やかに見えて、池を泳ぐ鯉や水草も綺麗に見えています(^^)
 
 
f:id:nishimikawa:20160202122855j:image
 
睡蓮の見頃でもある5月下旬~7月中旬にかけては、印象派を代表するフランスの画家“クロード・モネ”の『睡蓮』シリーズのように見えることから、『モネの池』と話題になりました。
 
 
 
 
名も無き池を一目見ようと、多くの観光客が岐阜県関市板取の根道神社脇に集まっているそうです♪
 
(下根池と看板があるようです)
 
 
岐阜県関市板取の根道神社の鳥居脇にある「名もなき池」通称モネの池ですが、川の清水をそのまますくい上げたような透明度の高い池に、水蓮や鯉が美しく映えます。
 
 
この通称『モネの池』は、山からのわき水によって、池の水は常に青く透き通っており、睡蓮の季節には睡蓮の花が咲きとても風情を感じるそうです(=^^=)
 
 
モネの池の秘密は湧き水にあるのかも知れませんね(^^)
 
湧き水には養分が含まれないので微生物が育たず透明度が高いとのことです♪
 
 
モネの睡蓮の絵を思わせる様な幻想的な光景なためモネの池と呼ばれていて、全国のカメラ愛好家が注目する“幻の池”とも呼ばれる『モネの池』です。
 
わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たないのですが、地元の悩みは駐車場だとか・・・(^^;
 
 
 
睡蓮の見頃は5月下旬~7月中旬です。
 
睡蓮は、水草の仲間の浮葉を持つグループの総称です。
 
水位が安定している池などに生育し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべています。
 
葉は深い切れ込みのある円形で、花は水面上に直径10cmくらいの花を咲かせ、夏の涼感を演出してくれます。
 
この睡蓮の見頃の時期になると、岐阜県のモネの池でも普段以上の観光客で賑わう事は必至ですね(^^)
 
 
 
追記:昨年は「美しすぎる池 モネの池」として話題になった「岐阜県のモネの池」ですが、今年の「岐阜県 モネの池」は、恋のパワースポットとして話題になっているようです。
 
 
 
 
さらに、「モネの池」として話題になった岐阜県関市板取ですが、あじさいの名所としても知られています。
 
岐阜県の西北部の、山と清流とで囲まれた自然豊かな土地に位置する「21世紀の森公園」では、毎年梅雨期の6月~7月にかけて「あじさい村」としてイベントが開催されます。
 
緑豊かな森に広がるあじさいの花のじゅうたんは、夏の訪れを告げる風物詩となっています。
 
 
f:id:nishimikawa:20160202123105j:image
 
 
 
またあじさいロードと呼ばれる板取川に沿った約24kmに7万本のアジサイが咲き、「日本の道百選」にも選ばれています。
 
 
f:id:nishimikawa:20160202123117j:image
 
 
 
アジサイの開花にあわせて、『関市板取あじさい村』を開村し、様々なイベントで観光客を楽しませてくれます。
 
 
この通称『モネの池』ですが、睡蓮とあじさいの時期が重なるので、この時期に岐阜県関市のモネの池を訪れる際には、時間に余裕を持ってお出掛けください。
 
 
 
 
 
岐阜県神社庁のページはコチラ↓↓↓
 
 
『モネの池』は通称です。
モネの池に行かれる際は、根道神社をナビで設定した方が良さそうです(=^^=)
 
根道神社の住所はコチラ↓↓↓
 
〒501-2901 岐阜県関市 板取下根道上448番地
 
 
 
 
 
スポンサードリンク