読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

京都の花見スポット 2016 古都・京都の桜

世界各国から観光客が訪れる、日本を代表する観光地でもある京都府では、四季折々の楽しみ方があります。

 
 
寒さのピークも過ぎると、桜の開花が待ち遠しくなります。
 
歴史的な建造物や風格ある寺社の多い京都には、桜がよく似合いますね(^^)
 
日本を代表する花とも言うべき桜と、日本人の故郷とも言うべき京都には、花見シーズンになると、国内外から沢山の花見客で賑わいます。
 
また、日本全国に咲く桜の7~8割は「ソメイヨシノ」と言われていますが、古都・京都では交配品種としてソメイヨシノが誕生する前から数多くの品種の桜が植えられていたため、ソメイヨシノの他にもたくさんの種類の桜を見ることができるそうです。
 
 
このようなことから、日本全国に桜の名所は数多くありますが、京都には「まさに京都ならでは」と思わせるお花見スポットが沢山あるんですね♪
 
 
 
京都では他の地域に比べて、長い期間桜が楽しめると言われています。
 
その理由は2つあり、1つは京都の地形が南北に長いため山が多い北の方は気温が低いので、南側に比べて桜の咲く時期が遅くなるからと言われています。
 
そしてもう1つは、日本各地で主流のソメイヨシノに比べ、京都では咲き始めが遅いシダレサクラやヤエザクラも多くあることから、咲き始めの早い桜から遅い桜までを長く楽しめるのです。
 

京都の桜の開花予想や見頃の時期の情報

 

2016年の、各地の桜の開花予想は下記リンクでご確認ください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都で人気の花見スポット

 
 

醍醐寺

 
晩年の豊臣秀吉が行ったとされる「醍醐の花見」とは、醍醐寺のことを指します。
 
また、日本では古くから花見の風習があったとされていますが、今のようなスタイルになったのも秀吉が最初と言われています。
 
醍醐の花見の際、秀吉はお酒を飲んで踊り騒いだとされ、それが現在の花見の原型となったと言われています。
 
 
住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
 
TEL:075-571-0002
 
公式ホームページ:http://www.daigoji.or.jp/
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045125j:image
 
 
 
 

嵐山

 
嵐山は、日本一の観光都市である京都においても非常に有名な観光地ですが、実は嵐山という正式な地名はなく、桂川の右岸(西京区)と左岸の左京区嵯峨野、それと渡月橋を含めた一体を嵐山と呼んでいます。
 
「春は桜、秋は紅葉」という言葉は日本人の季節感を表したものですが、この言葉が最も合うのが嵐山だとも言われています。
 
また、さくらの名所100選にも選ばれています。
 
 
住所:京都府京都市右京区嵐山
 
TEL:075-752-7070
 
公式ホームページ:http://www.arashiyamahoshokai.com/
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045143j:image
 
 
 
 
 

仁和寺

 
仁和寺には、「御室桜」と呼ばれる遅咲きの桜があります。
 
中門内の西側一体に咲いている桜なのですが、江戸時代より庶民の桜として親しまれていました。
 
また、この御室桜は背丈が2mほどと人の背よりも少々高いくらいの木なので、目の前で桜を鑑賞することができます。
 
 
住所:京都府京都市右京区御室大内33
 
TEL:075-461-1155
 
公式ホームページ:http://www.ninnaji.or.jp/index.html
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045200j:image
 
 
 
 
 

円山公園

 
円山公園の中央部には、有名なシダレザクラがあります。
 
通称「祇園の夜桜」ですが、正式名称は「一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)」と言います。
 
初代は天然記念物に指定されたものの昭和22年に枯死してしまい、現在あるのは初代の種子を植栽したもので二代目となっています。
 
 
住所:京都府京都市東山区円山町
 
TEL:075-222-3111
 
公式ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/
 
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045223j:image
 
 
 
 
 

二条城

 
世界遺産である二条城は、徳川家康が築城し、家光が完成させたと言われています。
 
約50種400本の桜が咲き誇り、「福禄寿」や「手弱女」といった珍しい品種の桜を見ることもできます。
 
 
住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
 
TEL:075-841-0096
 
公式ホームページ:http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/
 
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045243j:image
 
 
 
 
 

清水寺

 
桜の名所が数多くある京都の中でも屈指のスポットと言えるのが清水寺です。
 
約1,500本の桜が咲き乱れる景色も圧巻ですが、お勧めは奥の院から眺める桜に囲まれた本堂。
 
昼間の姿も素晴らしいですが、夜は幻想的な雰囲気が増して特にお勧めです。
 
 
住所:京都府京都市東山区清水1-294
 
TEL:075-551-1234
 
公式ホームページ:http://www.kiyomizudera.or.jp/
 
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045305j:image
 
 
 
 
 

毘沙門堂

 
毘沙門堂の桜で有名なのは、宸殿の前にあるシダレザクラです。
 
350年もの間、春になると美しい花を咲かせ、「山科区民の誇りの木」にも指定されています。
 
現在あるのは五代目なのですが枝の大きさは直径30mにもなり、「毘沙門しだれ」と呼ばれて人々に親しまれています。
 
 
住所:京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
 
TEL:075-581-0328
 
公式ホームページ:http://www.bishamon.or.jp/
 
 
f:id:nishimikawa:20160129045334j:image
 
 
 
 
 
京都には、まだまだ沢山の花見スポットがあります。
 
お近くの花見スポットで桜を楽しむのも良いですが、人気の花見スポットには人気の理由があるものです(^^)
 
今年は、人気の花見スポットでお花見を楽しんでみてはどうでしょうか?
 
スポンサードリンク