読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お出掛けGスポット

お出掛けスポットを紹介します。

スポンサードリンク

なばなの里 イルミネーション 今年も最高のイルミネーション!

10月半ばになり、街中はハロウィンの飾り付けが目立ちますが、クリスマスのイルミネーションの話題もチラホラと聞こえて来ています。

 

 

 

 

 

 

イルミネーションアワードで3年連続で1位に輝いた、三重県のなばなの里のイルミネーションも始まりました。

 

 

なばなの里のイルミネーションは、プロジェクションマッピングを使わない事でも有名です。

 

 

今年のなばなの里のイルミネーションのテーマは『大地~だいち~』だそうです。

 

 

10月15日から開催された、なばなの里のイルミネーションには、初日から沢山の人が訪れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なばなの里のイルミネーションは、5月7日まで開催されているので、冬と春に行くことがオススメです。

 

 

なばなの里のイルミネーション、今年も楽しみですね(^^)

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

 

 

鎌倉 鶴岡八幡宮 紅葉の見頃は? 2016

鎌倉の人気観光地と言えば、鶴岡八幡宮です。

 

 

鶴岡八幡宮の源平池の桜は有名ですが、鶴岡八幡宮の紅葉も綺麗で、紅葉の見頃を迎える頃には沢山の観光客で賑わいます。

 

 

f:id:nishimikawa:20160924143551j:image

 

 

 

鶴岡八幡宮の紅葉は、『ヤフーの紅葉人気ランキング』でも全国で上位50位以内に入り、神奈川県でも常に上位にランクインする程の紅葉の人気スポットとして知られています。

 

 

 

鶴岡八幡宮の境内は、国の史跡にも指定されるなど鎌倉時代を代表する歴史建造物としても由緒ある神社です。

 

 

 

鶴岡八幡宮の紅葉の見どころは?

 

 

鳥居をくぐると、正面に静御前の舞殿、その奥に本宮が見えてきます。

 

 

源平池の水鏡に映る紅葉が鮮やかで、しばらく立ち止まって眺めたくなる風景です。

 

 

 

本宮に向かって右手にある柳原神池と、さらに少し右手の鎌倉国宝館前も紅葉の見所です。

 

 

鶴岡八幡宮の鎌倉国宝館前の紅葉も風情があります。

 

 

近くを小川が流れていて、川のせせらぎを聴きながら紅葉を楽しむことができます。

 

 

 

鶴岡八幡宮の紅葉の見頃は?

 

 

鶴岡八幡宮の紅葉の見頃は、11月下旬~12月上旬です。

 

 

年末の忙しさを迎える前に、鶴岡八幡宮の紅葉で癒されてください。

 

 

鶴岡八幡宮の紅葉の見頃は、日本気象協会のリンクよりご確認ください。

 

 

http://www.tenki.jp/lite/kouyou/

 


【鶴岡八幡宮】


〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1-31


電話番号 0467-22-0315

 

 

 

 

観光地として人気の鎌倉です。

 

鶴岡八幡宮の紅葉を楽しみ、夜は温泉でゆっくりしたいものですね。

 

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

 

 

永源寺 もみじ寺 紅葉の見頃は? 2016 もみじが真っ赤に染まる永源寺

関東地方の紅葉と言えば『永源寺』は外せません。

 

『もみじ寺』とも呼ばれる永源寺の紅葉は必見です。

 

 

また、茨城県には日本三名瀑の1つ『袋田の滝』と言う観光名所があります。

 

この、近くにある袋田の滝に観光客が流れる事から、紅葉の名所『永源寺』が紅葉の穴場となるとも言われています。

 

 

f:id:nishimikawa:20160924144359j:image

 

 

 

永源寺 もみじ寺

 

 

茨城県にある永源寺は、別名もみじ寺と呼ばれ、モミジ、ケヤキ、カエデ等が植えられいます。

 

 

秋の紅葉の見頃を迎えると、永源寺の境内が赤や黄色に染まります。

 

 

また、永源寺は高台に位置しているので、永源寺から大子の町を一望する事が出来ます。

 

 

 

永源寺の紅葉の見頃は?

 

 

永源寺の紅葉の見頃は、10月下旬に色付き始め、11月中旬頃に紅葉の見頃を迎えます。

 

 

紅葉が色付き始める10月下旬から、紅葉の見頃を迎える11月上旬の日曜日には、大子町文化福祉会館をメイン会場に『奥久慈大子まつり』が開催されます。

 

 

郷土色豊かな模擬店、秋の味覚、ステージイベントなどが予定されているので、永源寺の紅葉と一緒にお楽しみください。

 

 

 

 

永源寺へのアクセス方法は?

 

 

 

永源寺(もみじ寺)のアクセス方法は、JR水郡線の常陸大子駅から徒歩10分~15分ほどです。

 

水郡線は久慈川沿いの自然豊かな森の中を走るので、車窓から奥久慈の色鮮やかに染まる山と、清涼な川の流れを眺める事ができます。

 

 

 

永源寺 (もみじ寺)

 


住所:茨城県久慈郡大子町大子1571


お問い合わせ:0295-72-0494 永源寺


駐車場:無料

 

 電車:JR常陸大子駅から徒歩約10分

 

車:常磐道那珂ICから国道118号経由約1時間

 

 



奥久慈大子まつり

 

 

永源寺の紅葉シーズンに開催される『奥久慈大子まつりにについては、下記にお問い合わせください。

 

0295-72-0285 大子町観光協会

 

0295-72-1138 大子町 観光商工課

 

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

袋田の滝 紅葉の見頃は? 2016 三名瀑と紅葉のコラボは圧巻!

茨城県で人気の紅葉スポットとして知られている『袋田の滝』は、紅葉の見頃になると沢山の観光客で賑わいます。

 

 

『袋田の滝』は日本三名瀑の1つに数えられていて、袋田の滝は高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。

 

 

雄大な袋田の滝はそれだけでも迫力がありますが、紅葉のスポットとしても人気が高く、第1観瀑台から見下ろす滝と紅葉は必見です。

 

 

近年では、SNSに袋田の滝の写真が投稿される事も増えています。

 

 

f:id:nishimikawa:20160924144210j:image

 

 

 

 

袋田の滝の紅葉の見どころは?

 

 

袋田の滝の紅葉の見どころは、『第1観瀑台から第2観瀑台』と『観瀑トンネル』が人気スポットとなっています。

 

 

 

観瀑トンネル

 

 

観瀑トンネルを通り抜けると、観瀑台があり、さらにエレベーターで登る新観瀑台へ続きます。

 

 

観瀑トンネルは、長さ 276m・幅 4m・高さ 3mと大きなトンネルで、中はイルミネーションで装飾されています。

 

 

 

第一観瀑台

 

 

第一観瀑台は、袋田の滝の3段目にあり、目の前で迫力ある滝の流れと周囲の紅葉を楽しめます。

 

 

3つのデッキを持つ第二観瀑台が完成してから、袋田の滝の人気スポットは第二観瀑台になりましたが、袋田の滝の迫力を味わうには第一観瀑台がおすすめです。

 

 

 

 

第二観瀑台

 

 

新観瀑台と呼ばれる第二観瀑台は、第一観瀑台より高い位置に3つのデッキが設けられていて、袋田の滝の全景を眺めることができます。

 

 

 

 

袋田の滝で紅葉を楽しむなら『観瀑台』は必ず行って欲しいと思います。

 

 

袋田の滝の観瀑台は、滝の目の前ですが安全に眺める事が出来ます。

 

 

第二観瀑台は第一観瀑台よりも最大51m高い位置から滝の全景を鑑賞できます。

 

 

観瀑台を含めたトンネル内は有料エリアになりますが、観瀑台から正面に望む袋田の滝の美しさは必見です。

 

紅葉シーズンの、迫力ある袋田の滝とヤマウルシやカエデ、クヌギなどの紅葉とのコラボは圧巻です。

 

 

 

 

袋田の滝 ライトアップ

 

 

袋田の滝では11月初旬~2月中旬までライトアップイベント『大子来人~ダイゴライト~』が開催されています。

 

 

袋田の滝のライトアップは、その年によって趣向が異なるので、毎年訪れるリピーターも多いそうです。

 

 

紅葉のライトアップを行う紅葉スポットは多いですが、滝と紅葉のライトアップを同時に楽しめるのは多くは無いと思います。

 

 

是非とも、滝の音と光で美しく演出された幻想的な袋田の滝と紅葉のコラボをお楽しみください。

 

 

ライトアップを楽しむにはトンネル利用料が必要になります。

 

 

開催時期:例年11月のはじめ頃から2月の中頃(金・土・日・祝のみ)

 


時間:日没〜午後8時

12月31日から1月1日にかけては、日没から翌午前2時まで

 


料金:大人 300円、子ども 150円


12月31日午後5時から1月1日にかけては無料

 

 

 

 

 

 

 

袋田の滝の紅葉の見頃は?

 

 

袋田の滝とその周辺は、例年10月下旬から色付き始め、11月上旬から中旬に紅葉の見頃を迎えます。

 

 

袋田の滝で見れる紅葉の種類はカエデ・ヤマウルシ・ナラ・クヌギなどが中心です。

 

 

袋田の滝は、冬場になると滝が真っ白に凍結する事でも有名です。

 

 

冬場に行かれる際は、車の運転や歩行など十分ご注意ください。

 

 

 

 

袋田の滝へのアクセス方法は?

 

 

車:常磐自動車道「那珂IC」より約50分

 


電車:JR水郡線「袋田駅」からバスに乗り、滝本(袋田の滝)行で終点下車

 


住所:〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19

 


電話番号:0295-72-0285

 


営業時間:5月~10月  8:00~18:00、11月~4月 … 9:00~17:00


ライトアップ期間は夜間営業あり

 


定休日:なし

 


駐車場:滝まで1㎞ 町営無料50台、滝まで1.5㎞ 町営無料220台


近くに有料駐車場あり

 

 

 

2016年の紅葉狩りには『袋田の滝』へ出掛けてみてはいかがでしょうか?

 

日本三名瀑の『袋田の滝』と紅葉のコラボは、他では体験出来ない迫力だと思います。

 

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

 

箱根 芦ノ湖 紅葉の見頃は? 2016 芦ノ湖と富士山のコラボは最高!

人気の観光地として知られる箱根の芦ノ湖ですが、紅葉の時期になると更に沢山の観光客で賑わいます。

 

 

芦ノ湖は、関東エリアの紅葉名所の中でも、トップ5にランクインするほどですが、芦ノ湖の人気は現地の紅葉だけじゃありません。

 

 

勿論、芦ノ湖でも遊覧船やハイキングを楽しみながら、モミジやドウダンツツジなどの紅葉を眺めることができます。

 

 

f:id:nishimikawa:20160924143227j:image

 

 

 

 

芦ノ湖スカイライン

 

 

芦ノ湖スカイラインは、静岡県と神奈川県にまたがる全長10.7キロにも及ぶワインディングロード(曲がりくねった道)です。

 

 

芦ノ湖スカイラインは、芦ノ湖を東に眺めながら、自然の中を走っているような感覚がするので、ツーリングやドライブを楽しむ人達も多く利用しています。

 

 

紅葉した山に囲まれた芦ノ湖スカイラインを道路を走っていると、富士山や芦ノ湖と紅葉のコラボを見る事が出来ます。

 

 

すぐ近くに見える富士山をバックに、紅葉を眺められるのは、紅葉シーズンの芦ノ湖スカイラインならではの魅力です。

 

 

 

 

芦ノ湖の紅葉の見どころは?

 

 

箱根芦ノ湖には海賊船と呼ばれる遊覧船が運航されています。

 

 

芦ノ湖の紅葉を海賊船から観覧すると、陸から眺める紅葉とは一味違う紅葉を楽しめると思います。

 

 

芦ノ湖からはロープウェイで大湧谷まで行くことができ、ロープウェイで空中散歩している間も紅葉を楽しむことができます。

 

 

 


芦ノ湖の紅葉の見頃は?

 

 

芦ノ湖の紅葉の例年の色付き始めは10月下旬からで、紅葉の見頃は11月上旬~下旬です。

 


見頃:11月上旬~11月中旬


住所:神奈川県箱根町元箱根


電話番号:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)


アクセス:JRまたは小田急小田原線小田原駅からバス約1時間

 

 

芦ノ湖の紅葉の見頃は、日本気象協会のリンクでご確認ください。

 

 

 

www.tenki.jp

 

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

 

 

スポンサードリンク